心理カウンセラーになるには選択が肝心│資格を取ってデキる人になる

女性

広い勉強をすることが可能

相談

いろいろな資格取得

看護関係の仕事につきたいと考えている人が目指すものの1つに看護系の大学があります。大学では専門的な知識を勉強することができるだけでなく、国家資格取得に向け実習などをすることができます。また、看護大学の特徴としては、幅広い分野の勉強をすることができることが挙げられます。専門学校では看護師の資格しか取得できないのが一般的ですが大学の場合には、これ以外にも教育系や福祉系の資格を取得することができるところが多くあります。このため、将来的な就職に関しては優位な状態になるので大学を目指す人が多くいます。また、入学をしてからの進路変更もしやすく、さらに専門的な知識をつけるために大学院へ進学することも可能です。

余裕のあるカリキュラム

看護系の専門学校よりも大学が好まれる傾向としてカリキュラムに余裕があることが挙げられます。専門学校では3年間での卒業を基本としているところが多いために学習内容が多く、休みの期間も短くなっています。一方で大学は4年間での卒業を目指すために学習内容にも少し余裕があり、夏休みなどの長期休暇も比較的余裕がある中で過ごすことができるので人気があります。また、専門学校の卒業では高校卒業の扱いになってしまいますが、看護大学を卒業していれば、学士の資格を得ることができるために就職上では優位になることが多く、さらに就職後の初任給でも異なりがあります。こうした事情から専門学校ではなく大学を志願する人が増えています。