心理カウンセラーになるには選択が肝心│資格を取ってデキる人になる

女性

国家資格に絶対合格

勉強

学費が割高

医療系大学の特徴として、言わずと知れたことではありますが、学費が割高という点が挙げられます。例えば私立の看護系大学であれば、入学金の平均が35万円ほどかかり、授業料が年間160万円〜170万円となります。理学療法士や作業療法士などのリハビリスタッフについても、年間160万円〜200万円程度の学費がかかってきます。奨学金制度を組んだり、教育ローンを組むなど、学費面では、多少の苦労を伴うかもしれません。将来性については、他の業界に比べれば、比較的安心感はあるものの、現在では、医療系の資格は出願者が増えて、合格率が落ちているという現実もあります。給与面でも、診療報酬の減額などが議論されている中、下がる可能性もあり、高い学費と割に合わないという懸念もあります。これらの点は十分覚悟を決めたうえで、進路選びを行うようにしましょう。

学校選びのポイント

こうした現実を踏まえ、進路選びもしっかり行う必要があると考えてください。特に、資格取得実績が高いかどうかという点と、学費の減免制度や奨学生制度が活用できるかという点についてはしっかり事前調査を行うべきです。資格取得面では、国家資格の取得率は高いかどうか、資格取得のためのサポートを行ってくれるかなどをポイントにしましょう。学費減免制度については、大学によっては特待生制度の活用や、面接などの審査で入学金の免除となるような制度もあります。少しでも払うお金を少なくする努力をしましょう。医療系ならではの奨学金制度として、自治体の奨学金制度があります。これを活用すると、一定期間の自治体内の病院勤務で返還免除となります。また、看護系については、病院奨学金制度もあり、これも一定期間の病院勤務で返還免除となります。これらについても事前に調べておくとよいでしょう。医療系大学への入学は、学費負担を少しでも減らす努力と国家資格に何が何でも絶対受かるという意気込みを持ってください。